ミカルディスの服用と利尿剤との併用での副作用

高血圧症は血圧が140/90mmHg以上となった場合をいいます。高血圧症を引き起こす要因としては食塩摂取過多、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病などが主なものとなっています。高血圧症の治療には運動療法や食事療法といった生活習慣の改善がまず行われます。しかし最も重要視される治療法は降圧剤による血圧コントロールです。降圧剤にはカルシウム拮抗薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、β受容体遮断薬、利尿剤などが用いられます。この中でもARBは降圧剤の第一選択薬として広く使用されています。そのARBの代表格がミカルディスです。
まずミカルディスと利尿剤の併用に関して説明します。ミカルディスと利尿剤は前述の通りともに降圧剤として使用されている薬です。利尿剤はARBとは違い、高血圧症の第一選択薬とはなりませんが、浮腫がみられる場合、心不全の場合には広く使用されています。これらの併用は特に問題はありません。ミカルディスにも心臓を保護する作用があるため、特に心不全患者では併用されるケースが目立ちます。こうしたことからミカルディスの有効成分のテルミサルタンと利尿剤のヒドロクロロチアジドが合剤となったミコンビという商品も発売されています。
ただ両者の併用によってふらつきが起こることがあります。このふらつきは血圧が下がりすぎて低血圧症となることによって起こることがあります。ふらつきの副作用が出た場合には用量調節が必要となるケースがあるので、こういった場合には速やかにかかりつけ医に相談するようにしましょう。またこのような時には車の運転や高所での危険な作業は気を付けるようにしましょう。